スポンサーリンク

【旅行】出雲大社のパワースポットやお土産は?1日だけでは味わい尽くせない魅力

神社

令和の節目や昨今の御朱印ブームで神社仏閣巡りが話題になっています。

出雲大社は日本でも屈指の有名な寺社ですが、その割に周りで観光したことがある人は少ないです。

なぜなら、アクセスがけっこう不便なのです。

新幹線は通っていませんし、車でも渋滞のリスクがあります。

しかし行ってみると、境内の神秘性、お土産の豊富さなど、1日だけでは観光しきれない魅力があります。

アクセスしづらいからこそ、心残りのないように。

出雲大社観光で、特に印象に残ったポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずはお参り。それから門前町巡りがおすすめです

出雲大社といえば、神無月に全国の神々が集まり、国の祭りも執り行われる場所です。

それだけでも、日本でもかなり格の高い寺社であることがわかるでしょう。

寺社仏閣巡りは好きだけど、ごちゃごちゃと人の多いところは苦手……そういう方にこそ、参詣してほしい場所です。

「二拝四拍手一拝」、出雲大社での参拝の仕方です。

神社やお寺が好きな方ほど、他とは違う雰囲気がわかるはずです。

また縁結びにご利益があるだけに、可愛いお守りやファンシーな小物など、見るだけで楽しいお土産がたくさんあります。

小腹が空いたら、ふらっと立ち寄れる甘味処も。

身構えずにお気軽にお参りできるのもいいところです。

スポンサーリンク

出雲大社のオススメポイント!1日だけでは味わい尽くせない魅力

出雲大社の定番ポイント! 大しめ縄

出雲大社といえば、まずは是非とも有名な大しめ縄を写真におさめたいところです。

ここの写真があれば、人に自慢するときに出雲大社に行ったことの説得力が違います。

まず気を付けたいのは、目的のしめ縄は神楽殿にあるということ。

門前町から鳥居をくぐり、まっすぐに行くと本殿になります。

神楽殿はそこからさらに橋を渡ったところです。

日本は八百万の神々の文化なので、どこにでも寺社仏閣はあります。

しかし出雲大社を視覚的に特別たらしめているのは、このしめ縄でしょう。

圧倒的な大きさ、見たままの重み、逆巻きの異様さ。

観光地化されながらも、なお神性を保つスポットです。

女子におすすめのフォトスポット! うさぎの石像

古事記の「因幡の白兎」伝説の発祥地が出雲とのことで、境内のいたるところにうさぎの石像が置かれています。

神々しく厳格な寺社の雰囲気から一転。

うさぎ達はけっこう愛嬌のある顔立ちをしていて、そのギャップにほっと気が抜けます。

全部で46羽いるそうで、1つ1つを写真におさめたいくらい可愛いです。

うさぎ達が集合している場所もあり、そこだけピーターラビットちっくなファンタジー空間でした。

畏まった気持ちで参拝に行ったら意表を突かれたので、おすすめです。

可愛いものたくさん。お土産選びにおすすめの神門通り

出雲大社の門前町といえば神門通りです。

出雲大社が縁結びのご利益があるということで、売っているお土産が女性向けでおしゃれで可愛いです。

キラキラした勾玉に、ハートをモチーフとした食べ物など……。

おそばやぜんざいなど、和の雰囲気を感じさせる茶屋もあっていい感じです。

ふらっと立ち寄ったぜんざい屋さん、おもちが紅白の2色でコロコロしていて可愛かったです。

お店の方も観光客慣れしているので、みんなフレンドリーでした。

出雲大社のミステリーに浸れる古代出雲歴史博物館

まず残念ながら、2020年4月まで休館とのことです。

大人料金620円と、けっこうお手軽なのですが、ここでまず見てほしいのは、出雲大社本殿の模型です。

平安という時代に本当にこんな建築物があったのか? ほとんど神話のような外観に圧倒され、正直うたがってしまいます。

しかし現に柱が出土していて、これも博物館で見られます。

合わせて境内にある出土地点の目印も是非とも見て頂きたいです。

スケールの大きさが実感できます。

スポンサーリンク

出雲大社は人気スポット!のんびり参拝したい人は要テクニック

有名な寺社仏閣はどこもそうですが、土日祝は渋滞するので注意が必要です。

平日も境内は観光客で賑わっていますし、門前町の人気店はすし詰めです。

特に11月は注意です。

神在月ということで、全国から神様が縁結びのために集まってきています。

観光客にも大変に人気のあるシーズンなので、車だと渋滞してほとんど動かないそうです。

ただ早朝はやはり空いています。

そして「しまね観光ナビ」でライブカメラが配信されているので、そこから混雑状況が予想できます。

 

スポンサーリンク

鳥居を出てすぐ、参拝終わり立ち寄れる「そば処 田中屋」

鳥居の目の前、「そば処 田中屋」で頂きました。

割子蕎麦は出雲の郷土料理で、赤くて丸い重箱に盛られています。見た目が可愛いです。

人気店なので平日の昼過ぎでしたがけっこう賑わっていました。

割子蕎麦3段を注文して頂きました。

薬味が色々あり、楽しみながらあっという間に完食です。

お蕎麦なので、食べたあともすっきり心地いいです。

もちろん作法もあるようですが、好きなように食べていいとのこと。

観光客としては嬉しい気遣いです。

スポンサーリンク

神話の世界にどっぷりと浸りましょう

出雲大社に行ったら、まずは神様にお参りしましょう。

恋愛に、仕事に、友人に。良いご縁と巡り会えるように。

縁結びというのは、あらゆる方面の良縁と結びつけてくれるそうです。

そのあとはお楽しみの、神門通り巡りです。

食べ歩くも良し、可愛いお土産を見るも良しです。

そして帰り際に、ぜひ巨大神殿を思い描いてほしいのです。

48メートルもの高さのものが、ここに出現したら景観はどう変わるのか。

そしてその当時の人々も、出雲大社のもとで活気よく生活していたのだろうかと。

古のものを見るときの醍醐味だと思います。

みんなのコメントはコチラ

タイトルとURLをコピーしました