スポンサーリンク

【旅行】フランスのパリ市内のオススメポイント!見どころいっぱいパリの優雅な散策

海外旅行

おしゃれな街と名高いパリ市内ですが、意外と見どころが多くて1日では回りきれないかもしれません。ただ、電車やバスがかなり縦横無尽とあるため、徒歩ではなく移動手段さえ把握すれがかなり楽しめます。フランスの中心地であり首都であるにもかかわらず、どこかのどかな時間を使い方がうまいパリの人とたちをクラスを覗き込みながら、お気に入りのカフェを見つける旅に出るもの楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

歴史的建造物を含め、美術にも触れることができます

有名なルーブル美術館は一日中いても見尽くせないほどの広さと美術品の宝庫を極めています。しかしながら、美術館に行かなくても外をぐるりと大きく一周するだけでも、美術館自体が美しい建造物となり魅力的です。また、少し川沿いをあるけばノートルダム寺院のある中島へと渡ることができます。散策に特化した場所でもあるパリは、カフェも充実なため、休憩を挟みながらのんびりと時間を過ごすことができます。そして、エッフェル塔へ赴けば、その構造の美しさに目を奪われます。エッフェル塔を眺められる公園は長いため、遠くからエッフェル塔を眺め、近づいていくことでその大きさが実感できます。

スポンサーリンク

オススメの観光スポット

修復後のノートルダム寺院に期待

2019年の4月に火災があり、貴重な建築物の一つが修復が必要な状態となってしまいました。修復前のノートルダム寺院は、パリの中心を長い歴史を持って眺め続けてきたという荘厳さに満ちていました。塔へ登るためには正面左の通りから朝一でも長蛇の列に並ばなければなりません。年末ごろに訪れた時でさえ、朝8時ごろに訪れた時も、2時間ほどは待たされることとなりました。普段時ならば6時ごろから並ぶ必要がありそうです。もしくは優先チケットを購入しておくことも多少の時間短縮となります。正面から教会内にもかなり並ぶことになります。中に入れば、それまでのパリの景観とは全く切り離された静かな空間に包まれています。

パリといえばやっぱりルーブル美術館

一日中、この美術館に入っていられるほど見どころが多い美術館です。世界の名作を含め、何よりもあらゆる美術のエリア分けがされているため、この美術館で世界を回ったような気持ちになります。特に人気なエジプトエリアは、ミイラを間近で見られることもあり並んでいることもあります。外側の入り口にはガラスのピラミッドがあることでも有名で、そのピラミッドを支える写真を撮ったり、遠近法をうまく使って面白写真を撮ったりする人が多かったです。正面から見えるのはたくさんの彫像がたくさんある公園も見どころの一つです。池を囲ってのんびりと座れるベンチもあるため、観光客や地元の人とも日向ぼっこをしている姿が見られます。

エッフェル塔を眺めるのは遠くから近づくことがベスト

パリの近代的建築物といえば、エッフェル塔です。同じ鉄塔でも赤と白を基調とした日本の東京タワーよりも、街並みと同化する色合いがパリの街に映えて見えます。正面が公園となっていて、縦に長いため、一番端からエッフェル塔へ近づいていくと、その大きさが時間できます。エッフェル塔へと登るためには長蛇の列に並ばなければなりませんが、おそらくここから望むパリの街並みも美しいはず。夜は綺麗にライトが輝き、また昼空とは異なった景色を写してくれます。

スポンサーリンク

1日で回れるモデルコース!とにかくノートルダム寺院の塔を目指す。

朝一にノートルダム寺院の塔へと登りさえすれば、後はルーブル美術館の館内に入らないければ1日でパリを楽しむことも可能です。ノートルダム寺院塔でディズニーアニメに出てきた登場彫刻と対面したり、物思いにふけった後は、寺院内で心を沈めひと時の休息を得ます。その後、すぐ近くにパリの裁判所等があるためそちらに足を運んで観光し、電車ですぐにエッフェル塔近くの公園降りてから歩いて向かいます。その後ルーブル美術館の正面付近を散策して正面公園をのんびり散策して、ベンチで時間を過ごす休憩しながら歩き回るコースがおすすめです。

スポンサーリンク

朝7時からでも混み合うノートルダムの塔

私が塔へ向かった日12月25日でした。かなり並ぶと聞いていたため近くにホテルをとり7時に向かいましたが、その時点でノートルダム寺院の後ろ側まで並んでいました。入り口は正面すぐ横となるため、長さとしては300mほどですが、塔へと入れたのは9時過ぎあたりでした。かなり寒い冬のため防寒は徹底した方が良いです。
そして正面から入る寺院自体も「S」字のごとく並んでいました。お昼頃に通ると僅かながら少なくなっているため入る場合はお昼頃がいいかもしれません。
ルーブル美術館は中に入るにはかなり並んでいました。しかし、ノートルダムとは異なりスムーズ感はありました。
エッフェル塔はクリスマスともあって塔の下でクリスマスマーケットが行われていたこともあり、かなり人が混雑していました。

スポンサーリンク

おすすめは冬よりも秋口が良い。寒いので

ちょうど私が向かった時、パリのテロが起きて厳重に警備がパリ市内に張り巡らされていることでした。その頃でも観光客が多く、混雑を極めていたため、通常なら想像もできないくらい時間を要する観光地だと思います。そのため、建物の隙間を通って吹く冬の風を受けながら並ぶより
少しだけ涼しさ溢れつつも、情緒溢れる秋口がおすすめなのかもしれません。パリには多くの公園もあるため、色の鮮やかな草木を楽しむのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

パリを散策するには余裕を持って

十分1日だけでも堪能できるパリでも、もう少し余裕を持てばもっと別の場所や立ち位置からパリを楽しむことができたと思います。またパリに来たのならカフェでのんびりと過ごすことも観光の醍醐味かもしれません。ですが見どころが多いため時間に余裕がないと、そして混雑が1、2時間あることを見越さないと時間がないために余裕のない観光となります
そのため、パリへ向かうときは余裕を持たせたスケジュールと交通手段の把握をしておくことが大切です。

みんなのコメントはコチラ

タイトルとURLをコピーしました