スポンサーリンク

谷繁元信の息子(谷繁凛)が薬物?顔画像や名前が東海大学野球部学生リストで判明か【文春砲】

トレンド

東海大学の硬式野球部の部員が薬物使用によって、無期限の活動停止になったようですね。薬物を使用した学生リストを振り返ると、谷繁凛という名前があった様子。

週刊文春や週刊新潮では、元プロの谷繁元信さんの息子さんが薬物を使用したという噂がある様子。

その息子の名前が谷繁凛では無いかとされています。

 

スポンサーリンク

谷繁元信の息子が薬物使用?文春砲

まずは、今回の文春報道を振り返ってみましょう。

10月22日に発表されてた中づり広告がコチラ

それぞれ見にくいですが、中央に下記のように記載されています。

【東海大野球部】息子が”大麻使用”

谷繁元信が語った胸中

 

上記情報では、谷繁元信さんの息子かどうかは不明。しかし、同じ時期に発売された週刊新潮でも同じく谷繁元信さんの息子につちて取り上げられていました。

 

 

東海大野球部「大麻汚染」の渦中に谷繁ジュニア

東海大野球部の部員が薬物を使用して無期限の活動休止になったのはニュースでも周知の事実。

今回、週刊誌はその部員の中に谷繁元信さんの息子がいることを突き止め、今回の報道に至ったということでしょう。

週刊誌の報道では、息子の名前は公開されていません。

次に、息子さんの名前について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

谷繁元信の息子の名前は?

さて、今回の谷繁元信さんですが、3人の息子・娘さんがいるとされています。

谷繁元信さんは現在離婚されているようですね。

コチラがその画像の様子。

 

さて、調べてみると、谷繁元信さんの息子の名前はすんなり出てきました。

  • 長男:谷繁快
  • 次男:谷繁凛
  • 三男:谷繁朗

この中でも、野球をしている人物は、長男の谷繁快さんと次男の谷繁凛さんとのこと。

谷繁快

長男の谷繁快さんですが、

  • 出生は1995年の8月30日。現在では25歳とされています。
  • 出身高校は桐蔭学園高校

大学は國學院大學 グローバル住販・野球部に進学したと言われており、現在も野球を続けているようですね。

大学ではピッチャー、現在は外野手とのこと。

谷繁凛

次に、谷繁凛さんです。

  • 出生は1998年生まれ。
  • 中学は桐蔭学園中学、そのままま桐蔭学園高校を卒業。

2017年に東海大学に入学したと言われています。

この情報だと、東海大学に入学したことから情報が一致しますね。

 

中学3年の頃には神奈川県中学総体軟式野球大会に出場。桐蔭学園は決勝戦まで上り詰め、決勝では谷繁凛さんは先発で出場しています。

さらに、横浜市立西谷中学校を相手にノーヒットノーランを達成。当時大きな話題になったとされています。

 

しかし、卒業後はピッチャーとしてはそこまで大きな成果を残せなかったようですね。

ちなみに、高校は桐蔭学園高等学校に進学したようです。ノーヒットノーランの功績が大きすぎて他が目立っていないだけかもしれませんが…

また、大学の東海大学硬式野球部では3年次に全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会(大学野球)でベスト4となっていました。しかしながら調べてみると、谷繁凛さんがスタメン出場したという内容はなかった様子。

 

スポンサーリンク

谷繁凛、東海大学野球部のリストで名前が発覚

さて、東海大学公式野球部に谷繁凛さんの名前が掲載されていた様子。

コチラが東海大学公式野球部の部員リストであり、出身校も一致しています。

現在のところ、谷繁のワードが記載されているのは、谷繁凛さんの名前のみ。

週刊文春の情報によると、大学4年生とされ、週刊新潮では谷繁元信さんの(?)次男として報じていました。

上記の情報から、週刊誌はこの谷繁凛さんが谷繁元信の息子である谷繁凛さんだと考えたのでしょう。

 

また、報道によれば、東海大学野球部で、薬物に手を染めた中心人物は2人。

その一人が谷繁凛さんの様ですね。

 

スポンサーリンク

谷繁元信の息子(谷繁凛)が薬物使用について思う事

父親が素晴らしい人物の場合、憧れの存在となりますよね。しかし、父親が優秀過ぎると場合によっては悪い道にも進んでしまう可能性もあるようです。

サラブレッドとなるとスキルやセンスが人一倍秀でていることからちやほやされることもあるでしょう。そのまま優秀な成績を残してくれれば良いものですが、なかなかそうはいかないもの。

また、今回のような場合だと、父親が優秀であるがゆえに結果を残せない自分自身を責めてしまうことになる場合もあるでしょう。「父親は優秀なのにな」なんて言葉が裏で飛び交ってしまうことだってあります。

スタメンで出場できないことをバネにして練習に励む人もいれば、いわば”グレて”その道から外れて今回のような違法薬物に手を出すまでに堕ちてしまうことだってあるはず。

そういったことから今回のような違法薬物に手を出してしまうきっかけになる可能性もあるかもしれません。

父親が優秀というのはあながち良い事ばかりではないように感じますね。

今回の違法薬物がどういった経緯で入手されたのかは不明なままですが、有名な人物の息子が通う学校となると、そういった話も出てきてしまうのでしょうか。

有名な学校ほど不祥事が明るみになるもの…という見方もできるため、一概には言えないように思いますが、学生でこういった問題が報道されているのは有名学校や進学校などが多いように思います。

 

みんなのコメントはコチラ

タイトルとURLをコピーしました