こどもちゃれんじEnglishいつから始めるべき?時期やおすすめの年齢が知りたい!

こどもちゃれんじイングリッシュ

こどもちゃれんじEnglishいつから始めるべき?時期やおすすめの年齢が知りたい!

こどもちゃれんじイングリッシュを検討しているけど、いつから始めればいいの?

こどものレベル別にどんな教材があるのか、飽きずに継続できるのか?

 

こんな疑問を持っている方も多いと思います。

幼児に英語教育を行うには早い方が良いとは言われていますが、具体的にいつから始めるべきなのかは気になりますよね。

今回の記事では、英語教材として『こどもちゃれんじイングリッシュ』を検討している方に向けて、受講している方の口コミなどを元にいつから始めるべきなのかについて紹介します。

この記事でわかること

  • こどもちゃれんじイングリッシュを始めるべき時期
  • こどもちゃれんじイングリッシュのレベルや各コースの特徴
  • 英語教材を飽きずに継続するためのコツ

 

幼児期に英語をはじめるメリットは?幼児英語のススメ

h1: 耳のよい幼児期は英語のはじめどきです
h3: 幼少期から英語を始める方がよいのはなぜ?

こどもちゃれんじイングリッシュを始めるのは1~2歳がベスト!理由は?

こどもちゃれんじイングリッシュを始めるのにおすすめの時期は1~2歳がベストです。

対象年齢は1~6歳とされていますが、より早い時期から始めるのが効果的。

その理由としては以下の3つがあります。

①言葉の吸収力が高い・発語が始まる次期だから

子供によって個人差はありますが、基本的に幼児の1~2歳はたくさんの言葉を吸収し、自ら言葉を発するようになる時期とされています。

1~2歳の頃にもっともたくさんの言葉を覚えます。

そのため、この頃に英語をインプットさせておくことで、通常の5~6歳で始めるよりもより早く、違和感なく英語を話せるようになります。

早い段階で学ばせることで、違和感なく、抵抗感も無く英語を学ぶことができます。

 

②興味関心が高い時期・好き嫌いがあまりない時期

子供の1~2歳というのは様々なことに対して興味関心が高く、好き嫌いがあまりありません。

1~2歳の時期なら、英語に違和感を覚えることなく、こどもちゃれんじイングリッシュのDVDを見てくれますし、おもちゃも素直に遊んでくれます。

逆に、英語に違和感を持つようになってから、おもちゃの好き嫌いが出るようになってからでは、なかなか学ばせるのも難しくなってしまいます。

この時期に英語を学ばせておくことで、集中して英語学習に取り組んでくれることができる時期なので、始めるなら1~2歳がおすすめですね。

 

③マネっ子が大好きな時期

子供の1~2歳というのはとにかくマネっ子が大好きな時期です。

そのため、DVDのダンスや歌を見て歌ったり踊れるようになったり、または高度なおもちゃであっても遊べるようになります。

とにかくこの時期の子供は何かのマネをして、同じことを楽しんでできるようなるために集中します。

なので、この時期に英語学習をさせると、集中して取り組んでくれる可能性が高いです。

やはり、始めるならこの時期がおすすめですね。

 

④ 年齢に合った教材が届く

とはいえ、『こどもちゃれんじイングリッシュ』を検討し始める時期って、周りの子が英語学習を始めていたりして気づき、1~2歳はもうとっくに過ぎてしまった...ということもあるでしょう。

しかし、『こどもちゃれんじイングリッシュ』では年齢に合った教材が届くシステムになっています。

基本的には英語は6歳までに学ばせることがおすすめとされているので、6歳までに英語学習を開始すれば「遅い」ということはありません。

まずは、小学校に入るまでに準備しておくことがおすすめです。

 

こどもちゃれんじイングリッシュは受講者も1~2歳児で開始してる人が多め

本サイトにて独自に『こどもちゃれんじイングリッシュ』について調査してみました。

こどもちゃれんじイングリッシュはいつから受講した?

こどもちゃれんじイングリッシュを受講された人を対象に何歳から受講することを決めたのか?ということですね。

調査した結果は以下となります。

受講を開始した時期

  • 1歳:30%
  • 2歳:30%
  • 3歳:23%
  • 4歳:7%
  • 5歳:7%
  • 6歳:3%

こどもちゃれんじイングリッシュを始めた人の大多数は1~2歳が多い結果でした。

とはいえ、2歳を過ぎてからでもこどもちゃれんじイングリッシュを受け始めた人はたくさんいます。

小学生になるまでであれば、「遅い」ということは無さそうなので、ぜひ検討してみてほしいです。

こどもちゃれんじイングリッシュを受けて、どんな効果がありましたか?

では、こどもちゃれんじイングリッシュを受講して、実際に子供はどんな効果があったのかについても気になりますよね。

複数のコメントを見てみたところ、以下のような結果となりました。

  • 英語に興味を持ってくれた:18件
  • 英単語をたくさん覚えた:4件
  • 英語の発音がきれいになった:4件
  • 英語を聞いて理解できた:1件
  • 英語を話した:1件
  • 英語で会話で来た:1件
  • アルファベットの読み書きができた:0件
  • 効果が無かった:0件

ある程度は個人の考え方や主観に寄るところもあるかとは思いますが、「子供が英語に興味をもってくれた」という効果は多くの人が実感したように思います。

普通は学び始めるのが遅いと、日本語に慣れてしまい、英語が「嫌い」「苦手」と感じることもあるでしょう。しかし、2歳の発語の時期から日常生活に英語を身に着けておくと英語に対して興味を持ち、小学校に通ってからも英語に拒否反応が出ることも無いでしょう。

効果を実感できたのはどれくらいから?

しかし、Twitter等を見ている限りでは、中には「効果が感じられなかった」というコメントもあるようです。

確かに、こどもちゃれんじイングリッシュを受けたからと言って、すぐに効果が感じられるものではありません。そのため、具体的にどれくらい継続すれば、効果が感じられるものなのか?についてアンケートをとってみました。

結果は以下の通りです。

  • 6ヶ月以内:16件
  • 6ヶ月~1年:9件
  • 1年~1年半:5件
  • 1年半以上:0件

上記のデータから確認する限りでは、ほとんどの人が1年以内に何らかの英語学習の効果を感じられたと回答しています。

もちろん人によって効果の感じ方は異なるでしょうが、英語に関する苦手意識を無くしたり、習得をスムーズにさせるような効果が感じられる...という結果になりました。

継続が出来なかったり、無理強いさせたりすると逆効果になってしまうこともあるため、そのあたりは子供の反応を見て考えるのが良さそうですね。

 

こどもちゃれんじイングリッシュの何が効果があった?

こどもちゃれんじイングリッシュの教材の中でも、子供がよく遊ぶようになったおもちゃや教材などがありますよね。

その中でも英語学習に効果がありそうなものはどのようなモノだったのでしょうか?

アンケートにて聞いてみました。

  • エデュトイ:16件
  • DVD:13件
  • ワーク教材:1件
  • 絵本:0件
  • その他:0件

上記の結果から見ると、こどもちゃれんじイングリッシュではエデュトイやDVDを見て学ぶ子供が多かったように思います。

こどもチャレンジイングリッシュではエデュトイと呼ばれる英語を発する教材用のおもちゃが多く取り扱われています。

このような教材で日常的に英語を聞きながら遊ばせたり、DVDを見させて歌って踊りながら英語を学ばせることによって英語学習が日常的になりやすいようですね。

 

 

こどもちゃれんじイングリッシュを長く継続するためのコツ

それでも、こどもちゃれんじイングリッシュを続けられるかどうか不安...という方も多いですよね。

実はこどもちゃれんじイングリッシュを長く続けるためにはコツがあるんです。

主に、以下の3つのコツを押さえておきましょう。

  1. 長時間より継続を優先する
  2. 英語感をしげきすること
  3. 本コースとの併用で飽きさせないコト

 

①長時間より継続を優先する

こどもちゃれんじイングリッシュの学習時間は1日20分ほどが推奨されています。

あまり長時間やっていても効果は得られず、飽きてしまう可能性も高いとのこと。そのため、「毎日やる」ことに重点を置いて取り組むことが大切です。

とにかく短い時間で毎日の習慣化するほうが身に着くのは早いです。

子供の方が「もっとやりたい」という気持ちだったとしても、20分経過したらやめておくくらいの方がベスト。

明日にまたやる時の期待感が高まります。

1日20分程度なら、DVDを見るだけでもOKです。とにかく負担の無く、無理なく学習できるように取り組んでみましょう。

 

継続のコツ②子どもが嫌がった時、無理矢理教材で遊ばせない

しかし、時には子供も英語学習を嫌がる時もあるでしょう。毎日続けることが大切とはいえ、子供が嫌がった時には無理に英語を聞かせないようにしましょう。

子供の気持ちを無視して英語学習を強要すると、英語が嫌いになってしまう可能性があります。

例えば、大人でもやりたくない時に無理強いされると嫌いになりますよね。それと同様に、子供にも無理矢理学ばせるのはNG。

子供も好きなことをしている時に最も学習意欲を発揮します。、そのため、好きさせないと意味がありません。

まずは子供の気持ちを尊重しつつ、とにかく英語学習を楽しいと思わせることが大切であり、それが長く続けられるコツの一つです。

③親も一緒に楽しむ

こどもちゃれんじイングリッシュの教材は2カ月に1度届きます。

そのため、その間は同じDVDやエデュトイで遊ぶことになります。

実際、2カ月間も同じ教材で遊んでいると飽きる人がほとんどです。それに「飽きる」のは子供ではなく親の方が先です。

親がつまらなそうにしていると、それを最も肌で感じるのは子供です。なので子供もつまらないと感じてしまうんですよね。

そのため、親の方が「自分も一緒に学ぼう!」「英語を聞き取れるようになろう!」という姿勢で取り組むことが大切です。

子供と一緒に踊ったり、歌ったりして「一緒に楽しむ」ことが継続のコツです。

 

こどもちゃれんじイングリッシュ各のコース別内容や特徴を紹介!

それでは、こどもちゃれんじイングリッシュの各コースの特徴について紹介します!

 

【1~2歳】こどもちゃれんじイングリッシュ・ぷち

  • 語彙数:672語(年間)
  • 目標:英語の音・リズム感覚を身に着ける

「ぷち」のコースでは、英語特有のリズムに触れながら、身の回りの英語数をたくさん学ぶことができます。

1~2歳で発語がまだないコースなので、基本的にはインプットをメインに行います。

学習にはインプットよりもアウトプットが大切と言われるため、その効果について疑問に思う方もいるかもしれませんが、心配ありません。

発語がなくても、1~2歳の時期にインプットされた英語は次のぽけっとを受講する年齢になると、突然英単語を発語し始めます。

 

実際、DVDなどに登場する「しまじろう」と一緒に唄ったり踊ったりすると、子供はすぐに覚えますね。

こどもちゃれんじイングリッシュの中で人気があるのは「えいごでおしゃべり!Sing&Talkしまじろう」のエデュトイ。

 

くだもののプレートをしまじろうの口に当てると、カンタンな英単語や英文をおしゃべりします。

こういったしまじろうの言葉などをマネして、自然と英語が喋れるようになるんですね。

 

【2~3歳】こどもちゃれんじイングリッシュ・ぽけっと

  • 語彙数:780語(年間)
  • 目標:英語を聞いてマネして言うこと

こどもちゃれんじイングリッシュ・ポケットでは、身近なモノやフレーズをマネして発語ができるようになるカリキュラムが組まれています。

そのため、1~2歳の「ぷち」でインプットし、「ぽけっと」でたくさん発語するようになります。

 

こどもちゃれんじイングリッシュの口コミでは、「ぽけっと」から発語が増えたというコメントが多い様に感じました。

こどもちゃれんじイングリッシュ・ぽけっとにて評判となっているエデュトイは「ビーピー&スピーディー」です。

Sing&Talkしまじろうをビーピーやスピーディーに乗せることで、「Let’s Go!」「Hi,Beepy!」等の言葉や、英語の歌が流れるようになります。

 

 

【3~4歳】こどもちゃれんじイングリッシュ・ほっぷ

  • 語彙数:746語(年間)
  • 目標:英語の意味を理解して口に出して言う

こどもちゃれんじイングリッシュ・ほっぷでは、英語を聞く・話す・読む力育てるカリキュラムが組まれています。

前回のぽけっとでは英単語を発語することが中心でした。ほっぷからは日常生活でよく使う英単語がたくさん登場します。

英語を聞くコト、そして発語ができたことから「英語を話したい」という気持ちがどんどん出てくる年齢になります。

そんな「話したい」の気持ちを引き出せるカリキュラムになっていますね。

 

こどもちゃれんじイングリッシュ・ほっぷを経験することで、「英語を話す機会が増えた!」という声も多いそう。

日常生活で英語を話す機会が増える様になります。

 

【4~5歳】こどもちゃれんじイングリッシュ・すてっぷ

  • 語彙数:713語(年間)
  • 目標:英語でのやりとり、アルファベットを読む

こどもちゃれんじイングリッシュ・すてっぷでは、「英語でのやりとり」が行えるカリキュラムになっています。

例えば

  • …, please!
  • Let’s ….!  などなど!

このようなやり取りができるようになれば、小学校の英語で躓くこともほとんど無くなり、授業への心配も無くなります。

「アルファベットポスター」などのエデュトイを使って、アルファベットの読み書きや正しい発音を学ぶのがこどもちゃれんじイングリッシュ・ステップとなります。

 

【5~6歳】こどもちゃれんじイングリッシュ・じゃんぷ

  • 語彙数:1060語(年間)
  • 目標:英語を聞く・話す・読む・書く

こどもちゃれんじイングリッシュ:じゃんぷでは短い英語が話せるようなカリキュラムになっています。主に以下のようなカンタンな英文が話せるようになります。

  • I like ….
  • This is ….
  • Do you ….
  • Are you ….
  • I want you ….  などなど!

小学校では習わないよな英短文を学ぶことができるので、中学入学後の心配も不要です。

こどもちゃれんじイングリッシュ・じゃんぷの人気教材は以下となっています。

 

 

さぁこどもちゃれんじEnglishを体験してみよう

以上、こどもちゃれんじイングリッシュはいつから始めるべきか?について紹介しました。

実際、幼児用英語教材はこどもちゃれんじイングリッシュ以外にも複数あります。

こどもちゃれんじイングリッシュのメリットしては、親が忙しくてなかなか遊んであげられない時にでも、おもちゃやエデュトイを使って自由に遊びながら英語を身に着けることができるところがポイントです。

他の教材と比較すると、DWEやWWKは教材は種類が多すぎる上、子供だけで学ぶことはまず難しいでしょう。

更に、教材の金額もこどもちゃれんじイングリッシュとは比べ物にならないくらい高額です。

 

早いうちから英語を学ばせたいのであれば、1~2歳くらいの時から「こどもちゃれんじイングリッシュ」を学ばせるのが良いかと思います。

こどもちゃれんじイングリッシュのコンセプトは「楽しく英語に触れる」です。

 

2020年以降、小学校3年生から英語科目が必修化となっています。

そのため、幼少期から英語に触れている子と触れていない子では小学校に入学後の英語力にかなりの差が出てしまうもの。

英語耳が育つのは0歳から6歳までの間です。

なので、小学校に入るまでの時期を逃してしまうと、将来英語に苦労してしまうかも。

映画が「勉強」となるまえに、0~6歳の時から英語が身近なものとして楽しく触れていることで英語が苦手ではなくなり、楽しんで英語学習ができるようになります。

 

とにかく今から英語を始めようという人は、まずは「こどもちゃれんじイングリッシュ」から始めてみましょう。

まずは無料体験を行い、教材が合うかどうかを試してみて考えてみることをおすすめします。

気軽に無料体験教材をもらって遊んでみてくださいね。

 

 

-こどもちゃれんじイングリッシュ

© 2021 きっずがーでん Powered by AFFINGER5