子育て

なぜ子育てでイヤイヤ期が起こるのか、そしてどのように対処すればいいのか

子育てでイヤイヤ期ってどうしても訪れてしまいますよね。

では、なぜイヤイヤ期が訪れてしまうのでしょうか?

イヤイヤ期が訪れないようにするために、もしくは訪れた時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

 

子育てでイヤイヤ期が訪れる理由や原因

一般的にイヤイヤ期は1歳後半から「魔の2歳」をすぎ3歳ほどまで続きます。お子さんによって程度は様々なのですが、大抵のお子さんが何をするに対しても一日中イヤイヤになっている状態かと思います。今まで好きなことでさえイヤイヤと言い始めます。
イヤイヤ期が起きる理由としては「自我や自己」が芽生えてきているからです。今まではひたすら泣くことで気持ちを伝えていましたが、嫌ということを話せるようになったことで気持ちを伝えられるようになります。これは大人になる成長の過程でとても必要なことです。嫌ということで親があやすために何かしてくれる、もしくは思い通りになるということがわかってくるのでこの現象が起こるのだと思います。また、相手の反応を確かめているというという点もあるかとあります。ちょっとずつ、手足が器用になってきたことでやってみたいと思うことも増えてくる反面、思うようにいかないとうギャップで癇癪を起こしてしまうことが多々ありますが、これは大人になっても経験がありますよね。
イヤイヤの理由は多々ありますが、自分を見てほしい相手をしてほしいという自己主張の表れかと思いますので、根気強く接していく必要があります。

子供のイヤイヤ期にやってあげるべき事3つ

話を聞いてあげる

1つ目はどんな時も「話を聞いてあげる」ということが何より大切な点だと思います。自分に注目が欲しいためイヤイヤいうことが多いのですが、そこで無視をして放置をしては逆効果です。何か伝えたいことがあって自分なりの方法で主張をしているので、必ず話を聞いてあげましょう。何より子供を尊重してあげることが大切です。

程よい距離で見守る

2つ目は「程よい距離で見守ることです」常に手伝っていては「イヤイヤ言う=解決してくれる」といった誤った認識を覚えさせてしまいます。ここで大事なこととしては手を差し伸べるということです。手伝ってくれるという認識を持ってもらうのがお子さんにとってもとてもいい教育になるかと思います。

抱きしめてあげる

3つ目は「抱きしめてあげる」これが一番効果的かと思います。癇癪を起こしているお子さんには確実に効果的です。原因は何であれ、抱きしめることによってぬくもりを感じることができます。まだ言葉もうまく伝えられず苦しくなっているお子さんのためにもぬくもりを与えてあげてください。安心をさせてあげて、そこからお話をしてあげるのが効果的かと思います。イヤイヤ期はどれだけ言葉で伝えられるかという点がお子さんの成長に影響してくるかと思います。

我が子の成長の過程だと強く認識することが大切

とにかく「我が子の成長の過程」だと思うことです!この道を通ってお子さんは立派に成長をしていきます。逆に言うと、ここでどれだけのサポートができるかが重要になってきます。ですが、毎日起こる癇癪1つ1つを気にしていてはお母さん自身もダメになってしまいます。イヤイヤ期は十分な心の余裕がないと母子ともにつらい日々になってしまうかと思います。
意外と話を聞いてみたり話しかけてあげるとすぐに落ち着くものです。どのお子さんも通る道なので、否定的に考えるのではなく前向きに、長く付き合っていくのが大切です。
そのためには自分もリラックスをする必要があるので、ストレスの解消法を見つけましょう。
心に余裕をもって、お子さんの成長の過程を見守ってください。

イヤイヤ期は誰にでも訪れる大変な時期

今までいろいろな先輩ママから大変だとは聞いていたので、心の準備をしてはいたのですがそれを上回ってきました。本当に朝起きてから夜寝るまで、一日中いやいやが続いていました。娘の気分がいい時もつかぬ間、疲労と困憊の毎日でした。私の場合、周りに頼れるママ友が沢山いたので、相談をすることによって一人じゃない。だから頑張ろうと思うことができました。また、私は専業主婦のため娘と毎日一緒でしたので、休日は旦那に見てもらい、ストレスを解消しに出かけたりマッサージをしたりなど、メリハリをつけることを大切にしていました。今は3歳後半で終盤に来ているのですが、今思えば大変だったと思います。ですが、娘の笑った顔を見るとこの子のママでよかったと思えるのでイヤイヤ期も今となっては思い出です。

まとめ

とにかく一人で悩まないでください。周りに頼れるママ友がいない場合、今はネットで相談ができる場所が沢山あります。
お母さんがいてのお子さんです。とにかく休める時にはとことん休むというメリハリをしっかりつけて体力を温存してください。
一日一日が長いように感じるかと思いますが、終わったころには思い出になっています。
どのお子さんも通る道なので、そこまで深く考えず、気を長くしてゆっくり接してみてください。心の余裕があれば接し方にも余裕が出てくるのでとても楽になります。
これからイヤイヤ期を迎えるお子さんをお持ちのお母さん、一人で抱え込まずに相談をしてください!そしてお子さんと素敵な日々を過ごしてください!

-子育て

© 2021 きっずがーでん Powered by AFFINGER5